森林調査へのドローン活用

データを応用して分析

データを応用して分析

ドローンと最新のデータ加工ソフトウェアを利用することによって植物の生育状況や群生度合いなどを把握することができます。また、定期的に同一地域の農場や森林を観測することによって環境のモニタリングも可能となります。

コストを大幅カット

コストを大幅カット

従来有人航空機などを利用して観測されていた森林調査をドローンで置き換えることによって、大幅なコストカットを実現できます。また、準備などを含むワークフローが簡素化されるため、必要なデータを得るまでの時間も大幅に短縮することが可能です。

データ加工

NDVI

NDVI

ドローンで撮影した画像をNDVIに加工することで植物の活性度を可視化することができます。植物の健康状態や群生度合いだけでなく、農業であれば定期的にNDVIを取得することで適切な収穫時期を見極めたり、生育が不十分な部分を見つけて早期の対応が可能となります。

DSM(数値標高モデル)

DSM(数値標高モデル)

DSMは値表面モデル(Digital Surface Model)と呼ばれるもので、農作物や樹木の高さを含んだ可視データです。このデータにより植物の生育のムラを把握したり、過繁茂(葉が茂りすぎて風通りや日当たりが悪くなり植物の生長を遅らせてしまうこと)を確認することができます。

オルソモザイク

オルソモザイク

大規模な農場や森林などの調査のためにオルソモザイク画像の活用が有効です。一度の観測で植物の生育状況やムラを把握することができるだけでなく、定期的にドローンを飛行させてオルソモザイクを作り、比較をすることによって自然環境のモニタリングも可能となります。